/

ロクテがリレーでリオ五輪出場 競泳米代表、4大会連続

【オマハ(米ネブラスカ州)=共同】競泳のリオデジャネイロ五輪米国代表選考会第3日は28日、ネブラスカ州オマハで行われ、11個の五輪メダルを持つライアン・ロクテは男子200メートル自由形で1分46秒62の4位にとどまったが、リレー要員として4大会連続の五輪出場を決めた。19歳のタウンリー・ハースが1分45秒66で勝った。

女子100メートル背泳ぎでロンドン五輪金メダルのメリッサ・フランクリンは7位、男子100メートル背泳ぎで同五輪優勝のマシュー・グレイバーズは3位で、ともにこの種目での代表入りを逃した。マイケル・フェルプスは男子200メートルバタフライ準決勝をトップ通過した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン