スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

「至誠一貫で相撲道まい進」 大関・正代が誕生、熊本58年ぶり

2020/9/30 11:45
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇正代(28)=本名正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進を満場一致で正式に決めた。

大関昇進の伝達を受け、記念撮影する正代(手前右から2人目)。1列目左から時津風親方のおかみさん、枝川親方、1人おいて鏡山親方。2列目左から4人目は父の巌さん。同5人目は母の理恵さん(30日、東京都墨田区の時津風部屋)=代表撮影

大関昇進の伝達を受け、記念撮影する正代(手前右から2人目)。1列目左から時津風親方のおかみさん、枝川親方、1人おいて鏡山親方。2列目左から4人目は父の巌さん。同5人目は母の理恵さん(30日、東京都墨田区の時津風部屋)=代表撮影

協会は墨田区の時津風部屋に鏡山理事(元関脇多賀竜)と立川審判委員(元関脇土佐ノ海)による使者を派遣し、昇進を伝達。正代は伝達式の口上で「大関の名に恥じぬよう、至誠一貫の精神で相撲道にまい進してまいります」と述べた。記者会見では「ほっとしている。負けられない地位。いろいろな責任を伴うので、今まで以上に精進していく」と緊張気味に話し、口上については「相撲道に対して、誠実に最後まで貫き通すという気持ちを込めた」と思いを語った。新大関の誕生は3月の春場所後の朝乃山以来で、11月場所は2横綱3大関となる。

元学生横綱の正代は秋場所で13勝2敗の成績で初優勝。直近3場所の勝利数が昇進目安とされる33勝に届かない32勝だったが、安定感や前に出る取り口を評価された。来場所に向け「まず大関として勝ち越すことを目指す」と話した。

28歳10カ月での大関昇進は、年6場所制となった1958年以降に初土俵を踏んだ力士で7番目の年長。熊本県出身では62年夏場所後の栃光以来58年ぶりで、時津風部屋からは63年初場所後の豊山以来5人目、東京農業大出身でも豊山以来で2人目の大関となる。

師匠の時津風親方(元幕内時津海)は急性膵炎で伝達式を欠席した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大関貴景勝=共同

 大相撲の2大関が28日、11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けて報道陣の電話取材に応じた。貴景勝は小結だった2018年九州場所以来2年ぶりの賜杯獲得へ「毎場所優勝したい。それしか考えていない …続き (28日 19:46)

 大相撲で腰痛などを理由に2場所連続休場中の横綱鶴竜が27日、報道陣の電話取材に応じ、11月場所(11月8日初日・両国国技館)の出場可否を慎重に判断する意向を示した。「相撲を取ってみてだと思う。いつも …続き (27日 19:21)

オンラインで記者会見する新大関の正代(26日)=共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の新番付が発表された26日、新大関の正代が東京都墨田区の時津風部屋からオンラインで記者会見し「いつもより緊張感がある。責任が今までと違う」と心境を語った …続き (26日 12:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]