サッカー

パナマ、サッカーW杯初出場 米は予選敗退

2017/10/11 11:23
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選は10日、各地で最終節が行われ、パナマがコスタリカを2-1で破って勝ち点を13に伸ばし、3位に浮上して初の本大会出場を決めた。8大会連続出場を目指した米国は敵地でトリニダード・トバゴに1-2で敗れ、同12で5位に転落して予選敗退となった。

ホンジュラスがメキシコを3-2で破って同13。得失点差で4位となり、アジア予選5位のオーストラリアと対戦する11月の大陸間プレーオフに回った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

タジキスタン戦を前に記者会見する森保監督(14日、ドゥシャンベ)=共同

 【ドゥシャンベ=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選で、F組の日本代表は15日午後5時15分(日本時間同9時15分)からタジキスタンの首都ドゥシャンベでタジキスタン代表と …続き (19:44)

 【ロンドン=共同】サッカーの2020年欧州選手権予選は13日、各地で行われ、G組のポーランドとI組のロシアが各組2位以内を確保して本大会出場を決めた。
 G組首位のポーランドは2―0で北マケドニアを下 …続き (9:20)

 【ウエスカ(スペイン)=共同】サッカーのスペイン2部リーグで13日、ウエスカのFW岡崎慎司は本拠地のラシン戦にフル出場したが、得点はなかった。試合は1―1で引き分けた。
 サラゴサのMF香川真司は敵地 …続き (9:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]