サッカー

J1神戸チーム関係者、2人目の新型コロナ感染

2020/4/1 12:17
保存
共有
印刷
その他

サッカーのJ1神戸は1日、新たにトップチーム関係者1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。クラブでの感染者は、3月30日にDF酒井高徳選手(29)がJリーグ選手として初めて確認されたばかりで、2人目となった。名前や役職などは明らかにされていない。

神戸によると、当該の関係者は発熱やせき、味覚・嗅覚障害などの症状はなかったが、酒井選手の濃厚接触者の可能性があるため、3月31日午前8時ごろチームドクターの判断により、兵庫県内の病院で新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を実施し、同日午後9時ごろに陽性と判定された。

引き続き保健所の指導を受け、濃厚接触者の特定やトレーニング施設の消毒などを行う。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 【ベルリン=共同】サッカーのドイツ2部リーグで27日、原口元気のハノーバーはホームでカールスルーエと1―1で引き分けた。原口はフル出場したが、2試合連続ゴールはならなかった。ザンクトパウリの宮市亮は …続き (10:41)

 新型コロナウイルスの影響で2月下旬から全公式戦を中断しているサッカーのJリーグが、再開後1カ月程度はチームを東西2グループに分けて対戦カードを組む案を検討していることが27日、複数の関係者の話で分か …続き (2:01)

 アジア・サッカー連盟(AFC)は27日、新型コロナウイルスの影響で延期されていた女子の東京五輪最終予選プレーオフを来年2月19日と24日に開催すると発表した。中国と韓国が対戦する。
 アジアからは開催 …続き (27日 23:40)

ハイライト・スポーツ

[PR]