2018年11月16日(金)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

旭大星、両膝痛め休場 秋場所

2018/9/12 11:20
保存
共有
印刷
その他

大相撲の西前頭11枚目の旭大星(28)=本名大串拓也、北海道出身、友綱部屋=が秋場所4日目の12日、日本相撲協会に「両膝半月板損傷で今後約1カ月間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。初白星を挙げた3日目の大栄翔戦で負傷した。

師匠の友綱親方(元関脇旭天鵬)は再出場の可能性について「(11日夜に)スクワットの動きはできた。何日か様子を見て、出られるなら出るかもしれない」と話した。

旭大星の休場は2008年初場所の初土俵以来、初めて。4日目の対戦相手、竜電は不戦勝。今場所の十両以上の休場は、十両青狼に続いて2人目となった。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

(東) (西)
翔鵬X―X明生
千丸0―1隆勝
阿武2―0荒鷲
千翔3―5遠藤
大奄0―2隠岐
千国3―3大丸
佐海5―2碧山
琴奨1―0豊山
阿炎1―2大栄
勢 5―0輝 
貴岩5―2宝富
松鳳0―1朝山
錦木0―2玉鷲
栃煌 …続き (18:19)

(勝)       (負)
安美錦 網打ち   大奄美
明 生 寄り切り  千代翔
荒 鷲 はたき込み 大翔丸
阿武咲 押し出し  千代丸
碧 山 引き落とし 隆の勝
千代国 送り出し  遠 藤
佐田海 寄り切り  …続き (18:19)

休場を表明し、記者の質問に答える稀勢の里=共同

 8場所連続休場を経ての9月の秋場所は10勝5敗、稀勢の里はひとまず窮地を脱した。秋巡業でも順調に稽古を重ね、「気迫が感じられた」と春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)。なのに今場所は横綱として87年ぶり …続き (0:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]