オリパラセレクト

フォローする

柔道・原沢、復帰戦「勝ち切る」 マスターズ大会

2019/12/11 11:31
保存
共有
印刷
その他

柔道の東京五輪代表選考会の一つ、マスターズ大会(12~14日・青島=中国)に出場する男女日本代表が11日、成田空港から出発し、左脚肉離れで11月のグランドスラム大阪大会を欠場した男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)は「各国の上位選手がほとんど出る。しっかり勝ち切りたい」と復帰戦へ意欲を述べた。

マスターズ大会へ出場するため、成田空港を出発する柔道男子100キロ超級の原沢久喜(11日)=共同

マスターズ大会へ出場するため、成田空港を出発する柔道男子100キロ超級の原沢久喜(11日)=共同

2016年リオデジャネイロ五輪と今夏の世界選手権で2位の原沢は10月に負傷。11月中旬から本格的な稽古を再開し「もう大丈夫。年内に1度は試合をしたかった」と話す。世界選手権3位で男子100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)は「強豪選手ともう一度、手合わせしたい気持ちが強かった」と世界ランキング上位の選手が集う大会を見据えた。

リオ五輪男子90キロ級金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)は右肘脱臼で欠場。代表争いからさらに後退し、日本男子の井上康生監督は「五輪に向けて非常に難しい立場になった」との見解を示した。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする
男子準決勝でホールドに右足をかける楢崎智亜。決勝に進んだ(10日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同共同

 スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ第2日は10日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で行われ、男子準決勝は東京五輪代表の楢崎智亜や前回優勝の藤井快(ともにTEAM …続き (8/10)

 来年に延期された東京五輪のメダル候補、競泳男子の松元克央(セントラルスポーツ)が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた競技会で得意の200メートル自由形を1分46秒69で制した。200メートルのレース …続き (8/9)

準決勝進出を決めた楢崎智亜(9日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同共同

 スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップは9日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕して男子予選が行われ、東京五輪代表の楢崎智亜が1位となり、前回優勝の藤井快(とも …続き (8/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]