スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

岩崎改め翔猿、新十両に昇進 名古屋場所番付編成会議

2017/5/31 11:19
共有
保存
印刷
その他

 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の番付編成会議を開き、日大出身の岩崎改め翔猿(25)=本名岩崎正也、東京都出身、追手風部屋=が新十両に昇進した。翔猿の兄は十両の英乃海で、史上18組目の兄弟関取が誕生した。

 再十両は11場所ぶりに復帰の阿炎(23)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=1人。年寄「錦島」襲名の元関脇朝赤龍、「中村」襲名の元幕内佐田の富士ら18人の引退も発表された。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

宮城野部屋で調整する横綱白鵬(10日、東京都墨田区)=共同

 左膝痛により9月の大相撲秋場所を全休した横綱白鵬が10日、休場している秋巡業に14日の金沢市での興行から合流することを明らかにした。
 10日の白鵬は東京都墨田区の宮城野部屋で四股、てっぽうなどの基礎 …続き (10日 17:07)

秋巡業で稽古する鶴竜(6日、横浜文化体育館)=共同

 大相撲の秋巡業は6日、横浜市の横浜文化体育館で行われ、秋場所全休で3場所連続休場中の横綱鶴竜が再起に向けて約3カ月ぶりに関取と相撲を取る稽古を行い、幕内千代の国と10番取った。
 鶴竜は故障を抱える右 …続き (6日 17:28)

朝乃山(右)と稽古をする稀勢の里(5日、千葉県八千代市)=共同

 大相撲の秋巡業は5日、千葉県八千代市で始まり、秋場所を全休した稀勢の里と鶴竜の2横綱が参加した。稀勢の里は秋場所で敢闘賞を獲得した朝乃山と三番稽古を行い、17番とって15勝。押し込まれる場面が目立っ …続き (5日 22:13)

ハイライト・スポーツ

[PR]