/

筒香「全力を尽くす」 ドジャース移籍後初の取材で

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、ドジャースの筒香嘉智が18日、レイズから移籍後初の取材にオンラインで応じ「ドジャースという伝統あるチームに入れたことをうれしく思う。チームのために全力を尽くす」と意気込みを語った。

レイズから移籍後初の取材にオンラインで応じるドジャース・筒香(18日)=共同

プロ野球DeNAから昨季、レイズ入り。昨季、今季とも打率1割台で速球への対応が課題とされており、新天地では既に首脳陣と話し合ったという。「コーチからの提案で、日本の良かったときの要素を取り入れながら自分のスイングに戻そうと取り組んでいる」と述べた。

ロバーツ監督は「問題はメカニックの変化によるものが多いと考えている。まずは以前のように生産性が高いプロの打者に戻すことが大切。毎日出場するわけではないので、取り組む時間はたくさんある」と話した。

レイズでは2年契約最終年の今季26試合に出場し、打率1割6分7厘、0本塁打、5打点と不振だった。11日に戦力外となり、15日にドジャースが獲得を発表。17日に出場登録され、18日には「7番・左翼」で移籍後初出場。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン