/

大リーグ機構、チャプマン投手に出場停止処分 DV規範に違反

【タンパ(米フロリダ州)=共同】米大リーグ機構は1日、ヤンキースのアロルディス・チャプマン投手に対し、ドメスティックバイオレンス(DV)の規範に違反したとして開幕から30試合の出場停止処分を科した。機構と選手会が新たに設けた規範で選手が処分されるのは初めて。

同投手は昨年10月に恋人の首を絞めたなどと報道された。異議申し立ては行わず、処分を受け入れる方針という。キャンプ参加、オープン戦出場に問題はなく、5月9日に復帰が可能となる。

チャプマンは160キロを超える剛速球が武器の左腕でオフにレッズからトレードでヤンキースに移籍した。抑えとして期待され、同僚の田中将大投手らとともにフロリダ州タンパでのキャンプで調整している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン