2019年3月21日(木)

高校野球

来夏の甲子園、休養日の1日増検討 日本高野連

2018/12/26 11:58
保存
共有
印刷
その他

来夏に兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される第101回全国高校野球選手権大会で、日本高野連が休養日を現行の1日から2日に増やすことを検討していることが26日、分かった。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「阪神電鉄や甲子園球場に要請している。熱中症対策をしてきたが、それを一歩進めた形」と明らかにした。

休養日は2013年の夏の甲子園大会から導入され、準々決勝翌日に設定されている。近年は選手の健康管理についての取り組みが進み、今春の選抜大会からはタイブレークを採用した。来年1月に開かれる全国高校野球選手権大会の運営委員会で結論が出る可能性があるという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 第91回選抜高校野球大会の出場校による甲子園練習第2日は19日、グラウンドコンディション不良のため甲子園球場の室内練習場で行われ、昨秋の明治神宮大会王者で初出場の札幌大谷(北海道)など15校が調整し …続き (19日 17:13)

 新潟県高野連は18日、日本高野連から再考を求められていた今春の新潟大会に限った投手の球数制限導入について、実施を見送ることに決めたと発表した。日本高野連で4月に発足する「投手の障害予防に関する有識者 …続き (18日 19:05)

選抜高校野球大会の甲子園練習で、笑顔を見せる智弁和歌山の中谷監督=中央(18日)=共同

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会の出場校による甲子園練習が18日、甲子園球場で始まり、5校が汗を流した。前回大会準優勝の智弁和歌山はトップを切って登場。プロ野球阪神などでプレーし、甲子園で初 …続き (18日 17:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]