/

王輝・錦富士が新十両昇進 秋場所の番付編成会議

日本相撲協会は5日、東京・両国国技館で大相撲秋場所(9月13日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、王輝(24)=本名小池一毅、新潟県出身、錣山部屋=と錦富士(24)=本名小笠原隆聖、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=の新十両昇進を決めた。王輝は元関脇寺尾の錣山親方が育てた5人目の関取。

再十両は元幕内の2人で千代の国(30)=本名沢田憲輝、三重県出身、九重部屋=は7場所ぶり、北●磨(●はいしへんに番)(34)=本名嶋田聖也、兵庫県出身、山響部屋=は17場所ぶりの復帰。北●磨は8度目の十両昇進で、希善龍の9度に次いで須磨ノ富士と並び2番目となった。

年寄「井筒」を襲名した元関脇豊ノ島や「清見潟」襲名の元関脇栃煌山、「荒汐」襲名の元幕内蒼国来ら25人の引退も発表された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン