/

ロサンゼルス五輪なら黒字192億円 24年夏季立候補で予算計画

【ロサンゼルスAP=共同】2024年夏季五輪開催都市に立候補を計画しているロサンゼルスが25日、1億6100万ドル(約192億円)の黒字を見込んだ予算計画を発表した。支出総額は41億ドル(約4900億円)の見通し。

開催都市立候補を取り下げたボストンの予算は、46億ドル(約5500億円)だった。1932年と84年に五輪を開催したロサンゼルスは、地域全体の既存施設を活用することでコストを抑えられるとしている。米大学フットボールで有名な南カリフォルニア大のスタジアムのほか、郊外のサンタモニカやハリウッド、プロバスケットボールNBAのレーカーズとクリッパーズが本拠地とするステープルズセンターなどが会場予定地となる。

国際オリンピック委員会(IOC)への立候補申請締め切りは、9月15日となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン