/

米国代表ワンバックが引退表明 女子サッカー界の「顔」

【ニューヨーク=共同】女子サッカーで4度のワールドカップ(W杯)に出場し、女子代表選手最多の通算184得点をマークするなど、サッカー界の「顔」として活躍した米国代表FWのアビー・ワンバック(35)が27日、今年限りでの現役引退を表明した。12月16日の中国戦が現役最後の試合となる予定。

決勝で日本を破ったW杯カナダ大会の優勝報告でこの日、チームメートとともにホワイトハウスにオバマ大統領を訪れた後に発表した。「熟慮の末に決めた。やるべきことはまだあるが、米国にW杯を持ち帰った今夏、女子サッカーに明るい未来を感じた。人生の第2章が楽しみ」などと声明を出した。

同選手は代表として252試合に出場し、2012年の国際サッカー連盟(FIFA)最優秀選手にも選ばれた。アテネとロンドンの両五輪で米国の金メダル獲得に貢献。W杯は計25試合に出場し、通算14得点は歴代2位。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン