/

朝玉勢と魁勝が新十両 秋場所の番付編成会議

日本相撲協会は24日、名古屋市のドルフィンズアリーナで大相撲秋場所(9月8日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、近大出身の玉木改め朝玉勢(26)=本名玉木一嗣磨、三重県出身、高砂部屋=と魁勝(24)=本名本多旦祈、愛知県出身、浅香山部屋=の新十両昇進を決めた。

魁勝は、浅香山親方(元大関魁皇)が2014年2月に部屋を創設して以来、同部屋から初めての関取となった。

再十両は2人で、ともに2場所ぶりで錣山部屋の彩(27)=本名松本豊、埼玉県出身=と青狼(30)=本名アムガー・ウヌボルド、モンゴル出身=だった。

年寄「安治川」を襲名した元関脇安美錦ら6人の引退も発表された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン