/

Rソックス監督代行にレネキー氏 サイン盗みで前監督解任

【タンパ(米フロリダ州)=共同】米大リーグ、レッドソックスは11日、ロン・レネキー・ベンチコーチ(63)の監督代行就任を発表した。アストロズのコーチ時代に不正なサイン盗みで主導的な役割を果たしていたコーラ前監督を1月に解任していた。

サイン盗み問題ではレッドソックスも大リーグ機構が調査中で、球団公式サイトによると、レネキー氏は終了し次第、監督に昇格する可能性があるという。AP通信は結果が出るのは来週以降になると報じた。

レネキー氏は2011年から15年途中までブルワーズ監督を務め、1年目に地区優勝に導いた。12年に青木宣親(プロ野球ヤクルト)がメジャーデビューしたときに指揮を執っていた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン