/

マリナーズのカノ、80試合の出場停止 禁止薬物に陽性反応

【シアトル=共同】米大リーグ機構は15日、マリナーズのロビンソン・カノ内野手(35)が禁止薬物の利尿剤フロセミドに陽性反応を示したとして、80試合の出場停止処分を科したと発表した。本人は処分を受け入れた。

試合が順調に消化されれば、8月14日のアスレチックス戦から出場が可能となる。

今季は39試合に出場し、打率2割8分7厘、4本塁打、23打点。13日の試合で右手を骨折し、10日間の故障者リストに入っていた。マリナーズのディポト・ゼネラルマネジャーは本拠地シアトルで記者会見し「本人はチームメートを落胆させたことを非常に後悔している。力を合わせ、この危機を乗り越えたい」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン