/

筒香に多くの球団が興味 代理人、ポスティング申請へ

【スコッツデール(米アリゾナ州)=共同】米大リーグの球団幹部や代理人らが集まるゼネラルマネジャー(GM)会議が12日、アリゾナ州スコッツデールで2日目を迎え、プロ野球DeNAからメジャー入りを目指す筒香嘉智外野手の代理人を務めるジョエル・ウルフ氏が「多くのチームがとても興味があると聞いている」と語った。

取材に応じる筒香嘉智外野手の代理人ジョエル・ウルフ氏(12日、米アリゾナ州スコッツデール)=共同

筒香はポスティングシステムで移籍を目指しており、ウルフ代理人によると今週中にも申請手続きを行う。「(近年の)移籍市場の動きが遅いことを考え(12月9~12日の)ウインターミーティングまでにチームを選ぶか、DeNAに戻るかを決められる」と理由を説明した。

同じくメジャーに挑戦する西武の秋山翔吾外野手や広島の菊池涼介内野手も含め、ブルージェイズのロス・アトキンスGMは「3人はメジャーの野球にうまくはまる」と印象を口にした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン