/

ジーター氏、マーリンズCEO就任 イチロー契約「これから」

記者会見する、マーリンズのCEOに就任したデレク・ジーター氏(右)と共同出資者のブルース・シャーマン氏(3日、マイアミ)=共同

【マイアミ=共同】米大リーグ、マーリンズの球団買収グループのメンバー、元ヤンキース主将のデレク・ジーター氏が3日、球団の新体制で最高経営責任者(CEO)に就任した。現役時代に名遊撃手として活躍した43歳のジーター氏は、本拠地マーリンズ・パークで共同出資者の実業家ブルース・シャーマン氏と並んで記者会見に臨み「ファンを呼び戻し、長期にわたって持続性のある組織を目指したい」と抱負を述べた。

ヤンキース時代の元同僚のイチロー外野手は「とても好きな選手の一人だ」としながらも、球団が選択権を保持する来季契約には「これから本人と会い(編成本部長の)ヒルと話し合ってから決めたい」と話すにとどめた。

マーリンズは今季、ナ・リーグ東地区で優勝したナショナルズに20ゲーム差の2位で、ワールドシリーズを制した2003年を最後にプレーオフから遠ざかっている。「時間はかかるかもしれないが、この街(マイアミ)の持つ潜在能力を信じている」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン