2018年8月15日(水)
スポーツ > MLB > ニュース > 記事

MLB

米球宴でタイブレークか 試合短縮狙い導入提案

2018/1/31 13:00
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=共同】米大リーグ機構(MLB)が選手会に対し、今年のオールスター戦で延長十一回以降は無死二塁から始めるタイブレークを導入することを提案していたと30日、AP通信が報じた。MLBの試合短縮策の一つで、故障を防ぐことにもなるため選手会の反対はない見通しとしている。

 AP通信によると、オープン戦でも十回からタイブレークを採用する案が示されているが、公式戦は従来通りという。マイナーリーグの一部では昨季、十回無死二塁でのタイブレークが試験的に導入されている。

 大リーグのオールスター戦は年に1試合で、基本的に決着がつくまで行われてきた。だが、2002年、投手が残っていないことから十一回、7―7の引き分けで打ち切られたため観客席から大ブーイングが起こり、米メディアも一斉に批判した。当時のセリグ・コミッショナーは「オールスター戦での引き分けは今後、二度と起きない」と語っている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

MLB 一覧

右肘の故障後初めて、ブルペンで捕手を座らせて投球練習するエンゼルス・大谷(13日、サンディエゴ)=共同

 【サンディエゴ=共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が13日、サンディエゴでのパドレス戦前に右肘の故障後2度目の投球をブルペンで行い、初めて捕手を座らせて33球を投げた。
 久しぶりの本格的な投球練 …続き (14日 19:54)

パドレス戦の10回、フレッチャーのスクイズで生還するエンゼルス三走・大谷(13日、サンディエゴ)=ゲッティ共同

 【サンディエゴ=共同】米大リーグは13日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はサンディエゴでのパドレス戦で2―2の延長十回に代打で出て四球を選び、1四球1得点だった。パドレスの牧田は登板機会がなかった。 …続き (14日 14:55)

右肘の故障後初めて、ブルペンで捕手を座らせて投球練習するエンゼルス・大谷(13日、サンディエゴ)=共同

 【サンディエゴ=共同】右肘の内側側副靱帯損傷からの投手復帰を目指す米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が13日、サンディエゴでのパドレス戦の試合前に故障後初めてブルペンで捕手を座らせて投球練習を …続き (14日 10:24)

ハイライト・スポーツ

[PR]