2019年5月22日(水)
スポーツ > MLB > ニュース > 記事

MLB

大谷称賛、NYの記者も 新人王争ったヤンキースの地元

2018/11/14 12:28
保存
共有
印刷
その他

エンゼルス・大谷のア・リーグ新人王受賞を報じる、ヤンキースの本拠地ニューヨークの地元紙(13日)=共同

エンゼルス・大谷のア・リーグ新人王受賞を報じる、ヤンキースの本拠地ニューヨークの地元紙(13日)=共同

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平がア・リーグ新人王に輝いてから一夜明けた13日、受賞を争ったヤンキース勢の地元紙も大谷をたたえた。ニューヨーク・デーリーニューズ紙は名前の翔平をもじり「ショー(の主役)を奪った」との見出しを付けた。

ニューヨーク・ポスト紙で大谷を1位に選んだジョエル・シャーマン記者は投打の「二刀流」での活躍を理由に挙げた上で「ヤンキースファンには深呼吸をして考えてみてと言いたい。どうすれば100年以上も達成されなかったことを上回れるのか」とテレビ出演して語った。

大谷が適応に苦しんだ春先は懐疑的な見解を示し、開幕後の躍進を目の当たりにすると謝罪文を掲載したヤフー・スポーツ(電子版)のジェフ・パッサン記者も1位票を投じた一人だ。ライバル勢との比較を詳細に示した上で「正しい人が勝つ。大谷が新人王であるべき」と締めくくった。

大谷は25人から1位票を集め、4人から2位票を得た。投票した30人で唯一、3位までに入れなかったフロリダ州のレイクランド・リージャー紙でレイズ担当のディック・スキャンロン記者は「故障で3分の1を欠場した」ことに加え、アンドゥハーらの活躍ぶりを高く評価した。「投票が偏っているように見えるのは分かっている」とした上で「大谷を祝福したい。他の新人よりもいいキャリアを送っている」とたたえた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

MLB 一覧

ツインズ戦の6回、右前打を放つエンゼルス・大谷。投手ピネダ(21日、アナハイム)=共同

 【アナハイム=共同】米大リーグは21日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのツインズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、六回に3試合ぶりの安打となる右前打を放って4打数1安打だった。チーム …続き (15:57)

空振り三振した際、投球を右手薬指に当てたエンゼルス・大谷(20日、アナハイム)=共同

 3番・指名打者で出場したエンゼルスの大谷をアクシデントが襲った。八回の第4打席。左腕が投じた内角速球を打ちにいくと、食い込んできた球をよけきれず右手薬指に受けた(判定は空振り三振)。その場にうずくま …続き (21日 20:35)

 【アナハイム=共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が20日、アナハイムでのツインズ戦で八回に空振り三振を喫した際に、右手薬指に投球が当たった。オースマス監督によると、球場内でエックス線検査を受けた …続き (21日 17:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]