スポーツ > MLB > ニュース > 記事

MLB

大リーグ機構が新型コロナ対策 握手自粛など球団に通達

2020/3/4 12:38
保存
共有
印刷
その他

【テンピ(米アリゾナ州)=共同】米国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大リーグ機構が各球団に予防策などを通達したと、スポーツ専門局ESPN(電子版)が3日に報じた。選手がサインを求めるファンから直接ボールやペンを受け取るのを避け、握手を自粛するなどの内容が記載されているという。

大リーグではオープン戦や公式戦の中止や延期は予定されていないが、機構内に専門部会を設置して今後に備えるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

MLB 一覧

 【ロサンゼルス=共同】米大リーグ選手会が今季開催案を協議している大リーグ機構(MLB)に、6月30日開幕で、レギュラーシーズンは114試合を実施することを対案として示したと5月31日、AP通信が報じ …続き (12:37)

2018年にアスレチックス戦でメジャー初先発したエンゼルスの大谷翔平(オークランド)=共同

 【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、エンゼルスで一昨年の右肘手術からの投手復帰を目指す大谷翔平が実戦形式の練習で既に3度登板していると5月31日、球団が公表した。球数は55まで伸びており、当面はこの程 …続き (9:43)

 【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、ドジャースの先発左腕プライスが傘下のマイナー選手200人以上に1人当たり千ドル(約10万8千円)を支援すると30日、スポーツ専門局ESPNが報じた。新型コロナウイル …続き (31日 18:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]