/

ロシアの東京五輪除外確定 処分期間短縮も上訴せず

【ジュネーブ=共同】組織的なドーピング問題でロシア選手団が東京五輪・パラリンピックから除外されることが2日、確定した。処分期間を当初世界反ドーピング機関(WADA)が科した4年から2年に短縮したスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定について、ロシア側、WADAの双方ともスイス連邦最高裁に上訴しなかった。

国旗や国歌の使用が禁じられるが、違反歴や疑惑がない選手は個人資格での出場が認められる。処分期間は来年12月までで、北京冬季五輪や各競技の世界選手権も対象となる。

WADAは2日発表した文書で、処分を軽減したCASの裁定に「失望した」と強調。しかし、最高裁の審議は陪審員の構成など手続き上の問題に限定するため、裁定が覆る可能性は低いと判断して上訴しなかった。

ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は先月下旬に上訴しない方針を示していた。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン