2018年12月13日(木)

最新ニュース

フォローする

ロシアW杯、客席の差別的横断幕・やじを監視

2018/6/13 12:10
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=共同】競技場における人種差別行為がたびたび問題になるロシアでの開催となるワールドカップ(W杯)で、国際サッカー連盟(FIFA)が「差別監視システム」を初めて導入する。差別撲滅を目指す団体「Fare」がFIFAと協力して2015年から実施しており、世界中のファンが集まる祭典でも厳しい目を光らせる。

全64試合に派遣する監視員は、当該対戦チームの国から1人ずつとロシア人の3人。客席から差別的と判断できる横断幕、歌、やじなどを確認した場合、写真や動画で証拠を押さえてFIFAに報告する。人種、宗教、性別などの差別だけでなく、民族主義など排外的な思想も対象となる。

ロシアでは黒人選手に対し、猿の鳴きまねやバナナを投げるといった悪質な行動が最近も確認されている。差別が横行する原因をFareのピアラ・パワー事務局長は「旧ソ連は単一文化だったため、外国人に慣れていない面がある。それから若者の右傾化もある。彼らはスタジアムを自由に思想を表現できる場と捉えている」と分析する。

システムは3年前から欧州サッカー連盟(UEFA)の公式戦や、W杯の各大陸予選で運用されてきた。報告を受けたUEFAやFIFAが協会やクラブに処分を科すため、パワー事務局長は「われわれをよく思わない人も多い」と明かす。実際にFareのホームページは何度も、ハッカーによるサイバー攻撃を受けている。

監視員も安全を守るため身分を明かさないが、基本的には本業を持つ社会人で、日本の試合は日本人が担当するという。限られた人員による地道な活動だが、パワー氏は「見逃してしまうものも当然あるが、われわれが監視しているということが抑止力になれば」と効果を期待している。

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]