2019年2月24日(日)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

横綱稀勢の里が休場、左上腕負傷完治せず 大相撲夏場所

2017/5/24 9:27
保存
共有
印刷
その他

夏場所10日目、琴奨菊(右)に寄り切りで敗れた稀勢の里(両国国技館)

夏場所10日目、琴奨菊(右)に寄り切りで敗れた稀勢の里(両国国技館)

大相撲の東横綱稀勢の里関(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が夏場所(東京・両国国技館)11日目の24日、休場した。3月の春場所で痛めた左上腕付近の負傷が完治せず、10日目には関脇琴奨菊関に完敗して2連敗で4敗目(6勝)を喫し、不振だった。今場所は3場所連続優勝が懸かっていた。

稀勢の里関の休場は大関時代の2014年初場所千秋楽以来2度目。11日目の対戦相手、関脇玉鷲関は不戦勝。4横綱のうち、鶴竜関に続いて2人が休場となった。

稀勢の里関は新横綱だった春場所13日目に負傷しながら、強行出場して劇的な逆転優勝を果たした。4月の春巡業を全休し、急ピッチの調整で夏場所への出場にこぎ着けた。前半戦を6勝2敗で折り返しながら、9日目からは左腕をほとんど使えていなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 相撲で昨年の全国高校総体と国体少年の個人を制した埼玉栄高3年の斎藤大輔が21日、さいたま市西区の同高で記者会見し、大相撲の八角部屋に入門し、春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)の新弟子検 …続き (21日 16:48)

郷土後援会による集いでファンと交流する荒磯親方(18日、茨城県牛久市)=共同

 1月の大相撲初場所限りで現役を引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方(32)が18日、出身地の茨城県牛久市で開かれた郷土後援会による「激励会・感謝の集い」に出席し、約400人のファンらと交流した。開会前に …続き (18日 21:32)

 大相撲の元大関で、5場所連続休場中の三段目の照ノ富士が16日、東京都内で取材に応じ、序二段に転落確実な3月の春場所の出場に慎重な姿勢を示した。「ぎりぎりまで分からないと思う。体と師匠(伊勢ケ浜親方= …続き (16日 19:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]