/

陸上100メートル王者、五輪出場アウト ドーピング検査で規定違反

【ジュネーブ=共同】世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット(AIU)」は27日、男子100メートルで昨年の世界選手権を制したクリスチャン・コールマン(米国)の抜き打ちドーピング検査を巡り、事前申告した場所に不在だったことなど規定違反があったとして2年間の資格停止処分を科すと発表した。期間は2022年5月13日までで、東京五輪に出場できない。

24歳のコールマンは100メートルの自己ベストが9秒76で、五輪の金メダル候補だった。処分を不服とする場合は、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴できる。

AIUはコールマンに禁止薬物の使用はなかったと強調する一方、「居場所情報」に関して処分対象となる1年間に計3度の過失があったと認定した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン