/

バルサ安部が右太もも手術 5カ月離脱、五輪絶望的

安部裕葵=共同

【ベルリン=共同】サッカー、スペイン1部リーグのバルセロナは11日、Bチームでプレーする21歳のFW安部裕葵が右太もも裏の腱(けん)の手術を受け、5カ月間離脱すると発表した。7月に開幕する東京五輪の代表入りは絶望的となった。

切れのあるドリブルを武器とする安部は、昨年夏にJ1鹿島からバルセロナへ移籍。2部B(3部相当)のリーグ戦で20試合に出場し、4ゴールを記録していた。今月2日のリーグ戦で負傷し、フィンランドで手術を受けた。

安部は2018年にJリーグで最も活躍した若手選手に贈られる「ベストヤングプレーヤー賞」に輝いた。若手主体で臨んだ昨年の南米選手権でフル代表デビューし、東京五輪年代のチームの国際親善試合にも選ばれていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン