2018年8月15日(水)
スポーツ > MLB > ニュース > 記事

MLB

大リーグ選手会、消極的補強の球団非難 FA停滞受け

2018/2/7 13:23
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=共同】米大リーグ選手会のトニー・クラーク専務理事は6日、バッテリー組のキャンプ集合日が1週間後に迫っているにもかかわらず、ドジャースからフリーエージェント(FA)になったダルビッシュ有投手ら多くの選手の交渉が停滞している現状を受け「かなりのチームが最下位争いに熱心で、私たちの競技の誠実さを脅かしている」と補強に消極的な球団を非難する声明を発表した。

 これに対し、大リーグ機構は「球団はファンに勝利をもたらすことを約束している。オーナーも勝つために球団を保有し、複数年で戦略を練っている」と反論する声明を出した。

 今オフは財政的に余裕のある球団でも年俸総額を削減するため大型契約を避ける傾向が強く、代理人からも批判の声が相次いでいる。クラーク専務理事は「収入や球団の資産価値は記録的な高値をつけているのに、まだ所属先が決まらない選手が多い。キャンプは新しいシーズンへの希望につながるものだが、現状はチームとファンの間の信用を失うものだ」と厳しい姿勢を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

MLB 一覧

ジャイアンツ戦の九回に登板し、1回を1失点で8敗目を喫した前田=ゲッティ共同

 【サンディエゴ=共同】米大リーグは14日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がサンディエゴでのパドレス戦で6―3の九回に代打で出場し、四球だった。守備には就かず、チームは7―3で勝った。
 ダイヤモンドバ …続き (15:33)

実戦形式で投球練習するカブスのダルビッシュ(14日、シカゴ)=共同

 【シカゴ=共同】米大リーグ、カブスで右上腕三頭筋の腱炎などのため故障者リスト(DL)に入っているダルビッシュ有投手が14日、本拠地シカゴで2度目の実戦形式の登板に臨み、3回を想定して55球を投げた。 …続き (9:29)

右肘の故障後初めて、ブルペンで捕手を座らせて投球練習するエンゼルス・大谷(13日、サンディエゴ)=共同

 【サンディエゴ=共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が13日、サンディエゴでのパドレス戦前に右肘の故障後2度目の投球をブルペンで行い、初めて捕手を座らせて33球を投げた。
 久しぶりの本格的な投球練 …続き (14日 19:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]