/

オランダで世界スピード ISU、フィギュアジュニア中止

【ジュネーブ=共同】国際スケート連盟(ISU)は24日、新型コロナウイルスの影響による来年の予定変更を発表し、北京開催を断念したスピードの世界選手権は2月11~14日にオランダのヘーレンフェインで代替実施することが決まった。当初は2022年北京冬季五輪のテスト大会を兼ねる計画だった。

スピードのワールドカップ(W杯)で2月の長春(中国)大会と3月のヘーレンフェイン大会、フィギュアで3月の世界ジュニア選手権(ハルビン=中国)は中止が決定。スピード・ショートトラックの世界選手権はオランダのロッテルダムからドルドレヒト開催に変更し、日程は3月5~7日に前倒しした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン