/

マーリンズ田沢が先陣切り始動 米大リーグ、キャンプイン

キャンプ初日からブルペンで投球練習するマーリンズ・田沢。右はマッティングリー監督(14日、ジュピター)=共同

【ジュピター(米フロリダ州)=共同】米大リーグは14日、各地でキャンプインした。今季マーリンズに移籍した田沢純一投手はフロリダ州ジュピターで始動し、ブルペンで変化球を交えて26球の投球練習を行った。

ダイヤモンドバックスとマイナー契約し、招待選手としてメジャーキャンプに参加する中後悠平投手もアリゾナ州スコッツデールで始動し、ブルペンで48球を投げた。

日本投手初の3年連続開幕投手に決まったヤンキースの田中将大、レンジャーズのダルビッシュ有、マリナーズの岩隈久志、カブスに移籍した上原浩治の4投手は15日からキャンプに臨む。ドジャースの前田健太投手は16日に始動する。

マーリンズのイチロー外野手は17日、日米通算2千安打にあと35本のアストロズの青木宣親外野手と、カブスとマイナー契約で招待選手となる川崎宗則内野手は18日から練習する。オリオールズとマイナー契約の大家友和投手はマイナーキャンプでスタートする。

24日からオープン戦が始まり、公式戦は4月2日に開幕する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン