オリパラセレクト

フォローする

世界反ドーピング機関、五輪延期を支持 選手の健康優先

2020/3/25 11:59
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=共同】世界反ドーピング機関(WADA)のバンカ委員長(ポーランド)は24日、東京五輪・パラリンピックの来年への延期決定を支持し「選手の健康と安全はWADAにとっても最優先だ。(ドーピング)検査も難題に直面しており、影響を軽減するために状況を注視し続ける」との談話を発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大で検査態勢の一部縮小を迫られている。

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 アジア・サッカー連盟(AFC)は27日、新型コロナウイルスの影響で延期されていた女子の東京五輪最終予選プレーオフを来年2月19日と24日に開催すると発表した。中国と韓国が対戦する。
 アジアからは開催 …続き (5/27)

 日本スポーツ振興センター(JSC)は26日、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除を受けて、東京都北区にある選手強化拠点の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用を27日から再開する …続き (5/26)

 自転車マウンテンバイクの東京五輪代表に、男子の山本幸平(DREAM SEEKER RACING TEAM)、女子の今井美穂(CO2bicycle)が選ばれることになった。日本自転車競技連盟が26日、 …続き (5/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]