/

世界レスリング、開催を断念 コロナ影響で参加数足りず

【ジュネーブ=共同】世界レスリング連合(UWW)は10日、12月12~20日にセルビアのベオグラードで予定していた世界選手権の開催を新型コロナウイルスの影響で断念すると発表した。参加国や選手の数が条件を満たさなかったため。個人戦のワールドカップ(W杯)として代替開催し、日程は数日中に決める。

東京五輪の延期を受けて新たに実施が決まった今年の世界選手権には女子57キロ級で五輪代表の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)らが出場の意向を示していたが、日本協会は欧州での感染再拡大を懸念して10月末に派遣中止を決定。米国も出場を回避した。

UWWによると、昨年の大会で成績上位10カ国・地域のうち少なくとも8チーム、選手数は7割の参加を開催条件に定めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン