/

大岩20位、北島は棄権 馬術の障害飛越

リオデジャネイロ五輪の総合馬術(団体、個人)最終種目の障害飛越が行われ、個人で大岩義明(日東光学)は20位だった。北島隆三(乗馬ククレイン)は8日の野外騎乗(耐久)で馬が負傷したため棄権した。ユング(ドイツ)が2大会連続の金メダルを獲得。日本が出場していない団体はフランスが制した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン