/

バルサ16強入り サッカー欧州CL

ドルトムント初黒星

【ミラノ(イタリア)=共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は6日、各地で1次リーグA-D組の第4戦8試合が行われ、B組でバルセロナ(スペイン)はアウェーでインテル・ミラノ(イタリア)と1-1で引き分けて3勝1分けの勝ち点10で首位を守り、16強入りが決まった。インテル・ミラノは同7で2位。

A組で香川真司のドルトムント(ドイツ)は敵地でアトレチコ・マドリード(スペイン)に0-2で敗れて初黒星。香川はベンチ入りせず、勝ち点9のまま。Aマドリードも同9に伸ばした。

D組でガラタサライ(トルコ)の長友佑都は0-2で敗れたシャルケ(ドイツ)戦でベンチ外。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン