/

レッドソックス、沢村との2年契約を発表 総額3億2000万円

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、レッドソックスは16日、プロ野球ロッテから海外フリーエージェント(FA)権を行使した沢村拓一投手(32)と2年契約を結んだと発表した。3年目は双方に選択権が付く。米メディアによると、2年の総額は300万ドル(約3億2千万円)。

レッドソックスは100年を超える歴史を誇る。ボストンの本拠地フェンウェイ・パークは1912年開場で大リーグ最古の球場。2007年に松坂大輔と岡島秀樹、13年には上原浩治、田沢純一が活躍してワールドシリーズを制している。昨季は24勝36敗でア・リーグ東地区の最下位に終わった。筒香嘉智外野手の所属するレイズとは同地区になる。

沢村は栃木・佐野日大高から中大を経て11年にドラフト1位で巨人に入団。1年目に11勝を挙げて最優秀新人に選ばれた。15年から抑えに転向し、16年にはセーブ王に輝いた。昨年9月に移籍したロッテでは救援で22試合に登板し、防御率1.71の好成績だった。通算成績は352試合で48勝52敗75セーブ、防御率2.77。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン