/

川井梨が2年連続の金 世界レスリング

向田、2年ぶりV

女子59キロ級で優勝した川井梨紗子(23日、ブダペスト)=共同

【ブダペスト=共同】レスリングの世界選手権第4日は23日、ブダペストで行われ、女子59キロ級決勝で2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級覇者の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)は今年の欧州選手権を制したエリフジャレ・エシリルマク(トルコ)に8-0で快勝し、昨年の60キロ級に続く金メダルを獲得した。

55キロ級決勝で向田真優(至学館大)はザリナ・シダコワ(ベラルーシ)にテクニカルフォール勝ち。2年ぶり2度目の頂点に立った。59キロ級と55キロ級は非五輪階級。

65キロ級の源平彩南(至学館大)は準決勝で欧州女王のペトラマーリト・オッリ(フィンランド)に逆転負けし、24日の3位決定戦に臨む。76キロ級で昨年75キロ級銅メダルの皆川(旧姓鈴木)博恵(クリナップ)は3回戦で敗れ、24日の敗者復活戦に回った。72キロ級の松雪成葉(至学館大)は3回戦敗退だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン