/

ハーフパイプ中川海秀・鍛治茉が優勝 スノボ世界ジュニア

スノーボードの世界ジュニア選手権は23日、ロシアのクラスノヤルスクでハーフパイプ決勝が行われ、男子は中川海秀(新日本スキー研究会)が94.50点をマークし、3度目の出場で初優勝した。重野秀一郎(バートン)は64.50点で7位だった。

女子は昨年のユース五輪銀メダルの鍛治茉音(TJR)が96.25点で優勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン