/

羽生結弦、開幕前日の午前練習回避 24日に世界フィギュア

【ストックホルム=共同】フィギュアスケートの世界選手権は24日、来年2月の北京冬季五輪の出場枠を懸け、ストックホルムで開幕する。新型コロナウイルス禍で無観客開催となる。男子で4年ぶり3度目の頂点を目指す羽生結弦(ANA)は22日の初練習でループ、サルコー、トーループの4回転ジャンプを跳ぶ上々の動きだったが、23日午前の練習を回避した。

宇野昌磨(トヨタ自動車)と初代表の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)は23日午前の練習を軽めの内容で終えた。25日にショートプログラム(SP)に臨む。

24日にSPを控える女子は初優勝を狙う紀平梨花(トヨタ自動車)や坂本花織(シスメックス)宮原知子(関大)が23日午後に本番リンクで調整した。紀平はフリーで挑戦予定の4回転サルコーを決める場面もあったが、音楽に合わせた演技では回転が抜けた。

国際スケート連盟(ISU)によると、新型コロナの検査で1人が陽性判定を受けた。日本勢ではなかった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン