/

五輪代表の高藤が優勝 柔道アジア・オセアニア選手権

柔道のアジア・オセアニア選手権は6日、キルギスのビシケクで開幕して男女計5階級が行われ、東京五輪代表で男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)が優勝した。初戦の2回戦から3試合連続一本勝ちで進んだ決勝で台湾選手に優勢勝ち。昨年2月のグランドスラム・デュッセルドルフ大会(ドイツ)以来の実戦で担ぎ技や足技がさえ、安定感のある内容だった。

他の階級に日本勢は出場していない。女子57キロ級では、兵庫県出身で山梨学院大3年の金知秀(韓国)が2位。初戦の2回戦から2試合を制して進んだ決勝で、中国選手に指導3による反則負けを喫した。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン