/

イングランド、ジョーンズ監督続投 ラグビー6カ国対抗で不振

【ロンドン=共同】イングランド・ラグビー協会は20日、欧州6カ国対抗の大会総括を公表し、同代表のエディー・ジョーンズ監督を全面的にサポートすると発表した。45年ぶりに英国系のスコットランド、ウェールズ、アイルランドに全敗し、2勝3敗で5位に沈んで英メディアに解任論が出ていた。

協会幹部や外部識者らが敗因を分析し、今後はスポーツ心理学や審判の視点を取り入れた練習方法などの提言をまとめた。2023年ワールドカップ(W杯)まで契約を残すジョーンズ監督は「この経験から多くを学び、23年に向けて取るべき対策も見つかった」とコメントした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン