/

スペインでも無観客試合 サッカー、欧州CLも一斉に

【バルセロナ=共同】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、サッカーのスペイン1、2部リーグの全試合が少なくとも22日まで無観客で行われることが10日、決まった。1部では久保建英(マジョルカ)と乾貴士(エイバル)がプレーしており、13日のレアル・マドリード―エイバルや14日のマジョルカ―バルセロナなどが対象となる。

スペイン2部では香川真司(サラゴサ)岡崎慎司(ウエスカ)柴崎岳(デポルティボ)の3選手がプレーしている。

ドイツでも無観客での開催が決定。16日に行われる大迫勇也のブレーメンとレーバークーゼンの試合や、長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトが敵地で臨む22日のバイエルン・ミュンヘン戦も対象となる。

欧州チャンピオンズリーグ(CL)も11日のパリ・サンジェルマン(フランス)―ドルトムントなどが観客を入れずに行われる。

フランスは4月15日まで1、2部とも無観客で行うことになった。マルセイユに酒井宏樹、ストラスブールに川島永嗣が所属している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン