/

東京五輪、選手は最低4日に1度検査 コロナ対策規則集を公表

東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日、大会時の新型コロナウイルス感染防止対策などのルールをまとめた選手向けの「プレーブック(規則集)」の初版を公表し、少なくとも4日に1度、感染の有無を調べる検査を行うことが盛り込まれた。検査は原則的に選手村で実施。世界的に有名なプロのトップ選手らが選手村に入らず、ホテルに宿泊する場合も、検査は選手村で受けることを求める。

ワクチンの接種は義務化しないものの、接種の有無にかかわらず、規則集を守る必要がある。深刻な規則違反を繰り返した場合、大会参加資格の取り消しがあり得るとの罰則も明記された。

競技会場での検温で37.5度以上が2度計測された場合は入場を認めない。行動範囲や食事の場所は選手村、競技会場などに制限する。

規則集は政府主導の新型コロナ対策調整会議がまとめた中間整理に基づき、組織委、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)が協議して作成。これまでに国際競技連盟(IF)関係者とメディア向けの初版が公表されていた。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン