2019年2月16日(土)

プロ野球

中日、今季最多13点 DeNAは3位後退

2018/7/10 22:06
保存
共有
印刷
その他

6回中日2死、ビシエドが右中間に満塁本塁打を放つ(10日、横浜)=共同

6回中日2死、ビシエドが右中間に満塁本塁打を放つ(10日、横浜)=共同

先発全員の14安打を放った中日が今季最多の13点で5位に浮上。同点の五回にアルモンテの2ランで勝ち越し、六回はビシエドの満塁本塁打などで加点した。ビシエドは6打点。DeNAは前半戦の負け越しが決まり、3位に後退した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

浅村が抜けた二塁の定位置確保へ、外崎は攻守でアピールを続ける=共同

 昨季10年ぶりのリーグ優勝を果たした西武は大きな変革を求められている。このオフ、エース菊池雄星がポスティングシステム(入札制度)を利用して米大リーグ挑戦を決断。主将を務めた3番浅村栄斗、捕手の炭谷銀 …続き (15日 23:30)

 中日の与田剛監督は15日、右肩に炎症が見つかったため沖縄県北谷町のキャンプ地を離れている松坂大輔投手の今月中のキャッチボール再開について「僕の経験で言っても、(炎症は)1週間や10日で引くものではな …続き (15日 20:01)

練習を見守る日本ハムの栗山監督=(右)。左は上沢(14日、名護)=共同

 日本ハムが14日、キャンプを行っていた米アリゾナ州からチャーター機で那覇空港に帰国した。午後から沖縄県名護市で調整し、2年目の清宮はノックや打撃マシンを相手に打ち込んで汗を流した。「ここからは試合ば …続き (14日 18:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]