2018年9月23日(日)

プロ野球

中日、今季最多13点 DeNAは3位後退

2018/7/10 22:06
保存
共有
印刷
その他

6回中日2死、ビシエドが右中間に満塁本塁打を放つ(10日、横浜)=共同

6回中日2死、ビシエドが右中間に満塁本塁打を放つ(10日、横浜)=共同

 先発全員の14安打を放った中日が今季最多の13点で5位に浮上。同点の五回にアルモンテの2ランで勝ち越し、六回はビシエドの満塁本塁打などで加点した。ビシエドは6打点。DeNAは前半戦の負け越しが決まり、3位に後退した。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 6月27日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われた日本ハムファイターズ対ソフトバンクホークスの一戦。一塁席から観戦していた記者は、4回、日ハムの5番・アルシアの打席で手元のタブレットを操作した。
 アル …続き (6:30)

 最先端技術が日本のスポーツに革新をもたらしている。競技力の向上やスタジアムでの新たなファンサービスなど様々な場面でIT(情報技術)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」の導入が進む。政府はスポー …続き (6:30)

3回ソフトバンク1死一塁、デスパイネが左越えに2ランを放つ(22日、ヤフオクドーム)=共同

 ソフトバンクが4連勝を飾った。二回に甲斐、高田の連続適時打で2点を先行。三回はデスパイネの2ラン、六回は甲斐の適時二塁打で加点した。千賀は七回途中3失点で12勝目。オリックスの山岡は六回途中5失点で …続き (22日 21:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]