2018年11月20日(火)

プロ野球

中日、今季最多13点 DeNAは3位後退

2018/7/10 22:06
保存
共有
印刷
その他

6回中日2死、ビシエドが右中間に満塁本塁打を放つ(10日、横浜)=共同

6回中日2死、ビシエドが右中間に満塁本塁打を放つ(10日、横浜)=共同

先発全員の14安打を放った中日が今季最多の13点で5位に浮上。同点の五回にアルモンテの2ランで勝ち越し、六回はビシエドの満塁本塁打などで加点した。ビシエドは6打点。DeNAは前半戦の負け越しが決まり、3位に後退した。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 広島から国内フリーエージェント(FA)宣言した丸佳浩外野手(29)が19日、マツダスタジアムを訪れ、鈴木清明球団本部長と約1時間、話し合った。スーツ姿だった丸は「残留も視野に入れての(FA権)行使。 …続き (19日 17:01)

浅村栄斗内野手=共同

 西武から国内フリーエージェント(FA)宣言した浅村栄斗内野手(28)が、獲得を目指していたオリックスに断りを入れたことが19日、明らかになった。オリックスの長村裕之球団本部長によると、浅村の代理人か …続き (19日 16:08)

米国から帰国し、記者の質問に答える西武の菊池雄星投手(19日午後、成田空港)=共同

 ポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する西武の菊池雄星投手が19日、代理人のスコット・ボラス氏との打ち合わせなどのために滞在していた米国から成田空港に帰国した。「今回の目的はしっかり今後の …続き (19日 16:04)

ハイライト・スポーツ

[PR]