プロ野球

原監督、巨人の歴代勝利数単独2位に 長嶋監督を抜く

2020/7/14 22:50
保存
共有
印刷
その他

巨人の原辰徳監督が14日、マツダスタジアムで行われた広島4回戦に7-2で勝って監督通算1035勝目を挙げ、長嶋茂雄元監督を抜いて巨人の歴代単独2位となった。プロ野球では単独12位。巨人での監督通算勝利1位は川上哲治元監督の1066勝で、プロ野球最多は南海(現ソフトバンク)の鶴岡一人元監督の1773勝。

原監督は巨人を2002、03年と06~15年に指揮。3度目の監督に就いた昨季、プロ野球史上13人目の通算千勝を達成し、5年ぶりのセ・リーグ制覇に導いた。

今季が監督通算14年目で8度のリーグ優勝、3度の日本一を誇る。通算成績は1035勝783敗59分け。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 プロ野球とサッカーのJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第13回会議が11日、オンラインで開かれ、新型コロナの感染者が出て保健所による濃厚接触者の判定が間に合わない場合、リ …続き (13:46)

 プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手に原監督(右)に祝福される巨人・大江=共同


 セ・リーグ2連覇を目指す巨人は今季、2軍から上げた若手やトレードで獲得した新顔を積極的に起用している。新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れ、過密日程となっている今季はけが人が出ることも予想され、特に …続き (10日 21:40)

8回DeNA2死三塁、宮崎が中前に適時打を放つ(10日、横浜)=共同

【DeNA6―4阪神】DeNAが3連勝を飾った。1―1の四回に国吉の2点二塁打で勝ち越し、五回に佐野のソロなどで2点、八回に宮崎の適時打で加点した。先発の武藤をはじめ、救援投手だけでつなぎ、国吉が2勝 …続き (10日 21:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]