/

NTT東日本・日本新薬が4強 都市対抗野球

都市対抗野球大会第10日は1日、東京ドームで準々決勝2試合が行われ、NTT東日本(東京都)と日本新薬(京都市)が勝ち上がった。2日の準決勝はセガサミー(東京都)―ホンダ(狭山市)、日本新薬―NTT東日本の顔合わせ。

四国銀行戦に先発し、7回無失点のNTT東日本・堀(1日、東京ドーム)=共同

NTT東日本は3点リードの四回に上川畑の3点二塁打などで4点を加え、四国銀行(高知市)に8-0で完勝した。優勝した2017年以来の4強。日本新薬は九回2死二塁で船曳が中堅に決勝打を放ち、ホンダ熊本(大津町)に2-1でサヨナラ勝ち。26年ぶりにベスト4入りした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン