/

日本は初の8勝 バレー男子W杯、カナダに競り勝つ

バレーボール男子のワールドカップ(W杯)最終日は15日、広島県立総合体育館で行われ、世界ランキング11位の日本は世界6位のカナダに3-2で競り勝ち、大会史上初めて8勝(3敗)を挙げ、4位で終えた。

第1セットを22-25で落とした日本は第2セット、柳田(ユナイテッド・バレーズ)や清水(パナソニック)のサーブで抜け出し25-20で奪い返した。第3セットは久原(パナソニック)の攻撃がさえて25-23。第4セットは23-25で落とし、第5セットは西田(ジェイテクト)のサーブ得点などで15-9と奪った。

ブラジルが3-0でイタリアを退け、3度目の優勝を11戦全勝で飾った。ポーランドもイランをストレートで下し、9勝2敗の勝ち点28で2位。米国は3-1でエジプトに勝ち、9勝2敗の勝ち点27で3位となった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン