サッカー

南米代表フラメンゴ、逆転で決勝進出 サッカークラブW杯

2019/12/18 8:47
保存
共有
印刷
その他

アルヒラル戦で勝利を喜ぶフラメンゴ選手(ドーハ)=ロイター

アルヒラル戦で勝利を喜ぶフラメンゴ選手(ドーハ)=ロイター

【ドーハ=共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第3日は17日、ドーハで準決勝が行われ、南米代表のフラメンゴ(ブラジル)がアジア代表のアルヒラル(サウジアラビア)に3-1で逆転勝ちし、初出場で決勝に進出した。

38年ぶりに南米王者に輝いたフラメンゴは、0-1の後半にデアラスカーエタ、エンリケの得点などでリードを奪った。

準決勝のもう1試合は18日(日本時間19日未明)にリバプール(イングランド)とモンテレイ(メキシコ)が対戦する。

5位決定戦はエスペランス(チュニジア)が6-2でアルサド(カタール)に快勝した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

J1神戸の酒井高徳選手=共同

 サッカーのJ1神戸は30日、DFの酒井高徳選手(29)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たと発表した。Jリーグの選手で感染が確認されたのは初めて。感染経路は不明。酒井選手はクラ …続き (22:42更新)

J1神戸・酒井高徳選手=共同

 サッカーのJ1神戸は30日、DF酒井高徳選手(29)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たと発表した。Jリーグの選手で感染が確認されるのは初めて。
 クラブによると、酒井選手は25 …続き (19:08)

 日本サッカー協会(JFA)は29日、ウェブサイト上で評議員会、理事会を開き、田嶋幸三会長(62)の3期目となる新体制が発足した。新型コロナウイルスに感染して入院中の田嶋会長は順調に回復して会議の一部 …続き (29日 23:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]