/

侍ジャパン稲葉監督、契約延長へ 五輪延期で

侍ジャパン強化委員会の委員長を務める日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は24日、東京五輪の1年程度の延期が確実となったことに伴い、野球日本代表の稲葉篤紀監督に契約延長を求める方針を明らかにした。

稲葉監督の契約期間は当初の五輪日程の後までとなっており、延期後に指揮を執るには見直しが必要となる。井原事務局長は稲葉監督の意向について「想像するに前向きだろうと思う」とした上で「五輪が終わった想定で予定を組んでいるはずなので、その辺りの相談もしなければいけない」と述べた。

契約が延長されれば、来春に予定されている第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも稲葉監督が指揮を執る見通し。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン