/

錦織、準々決勝敗退 全仏テニス

【パリ=共同】テニスの全仏オープン第10日は4日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準々決勝で第7シードの錦織圭(日清食品)は3年連続12度目の優勝を狙う第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)に1-6、1-6、3-6で敗れ、初の4強入りはならなかった。第3セット途中で雨のために中断し、約1時間後に再開した。

男子シングルス準々決勝 ラファエル・ナダルと対戦する錦織圭(4日、パリ)=共同

日本男子が準決勝に進出すれば1933年大会4強の佐藤次郎以来86年ぶりだった。

四大大会通算20勝を誇る第3シードのロジャー・フェデラーは第24シードのスタン・バブリンカとのスイス勢対決に臨んだ。

女子シングルス準々決勝では第26シードのジョアンナ・コンタ(英国)が昨年準優勝で第7シードのスローン・スティーブンス(米国)を6-1、6-4で破り、全仏初の4強入りを決めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン