/

クライミング野口「いい手応え持ち帰れたら」 W杯へ意気込み

スポーツクライミングで東京五輪女子代表の2人が、ワールドカップ(W杯)今季開幕戦(16、17日・スイス)への出発前日の13日、オンラインで記者会見し、野口啓代(TEAM au)は「W杯は1年半ぶりなので不安な気持ちもあるけど、それ以上に楽しんで来ようと思っている」と久々の国際大会に向けて意気込んだ。

オンラインで記者会見するスポーツクライミング女子の野口啓代(13日)=共同

新型コロナウイルス禍で昨年はW杯への出場がなかった。ボルダリングを実施する開幕戦へ、野中生萌(XFLAG)は「(国際)大会がすごく恋しかった。国内での課題(コース)しか触っていないので(海外での)傾向を知りたい」と狙いを語った。

14日で五輪開幕まで100日。大舞台を現役最後の大会と表明している野口は「あっという間の100日間なんだろうなと想像している。今回(のW杯)でいい手応えを持ち帰れたら」と話し、野中も「何ができるかをしっかり考えながら一日一日を過ごしていかないと、一瞬で(時間は)過ぎてしまう」と気を引き締めた。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン