/

アルアイン、南米王者破り決勝進出 サッカークラブW杯

【アブダビ(アラブ首長国連邦)=共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第3日は18日、アラブ首長国連邦のアルアインで行われ、準決勝で開催国枠のアルアインが南米王者のリバープレート(アルゼンチン)を破る波乱を起こし、決勝進出を果たした。アルアインは元J1鹿島のカイオらの得点で2-2で延長を終え、迎えたPK戦を5-4でものにした。

準決勝のもう1試合は19日(日本時間20日未明)に鹿島とレアル・マドリード(スペイン)が戦う。

5位決定戦はエスペランス(チュニジア)がグアダラハラ(メキシコ)と1-1で突入したPK戦を6-5で制した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン